がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会

第四がん治療法 免疫細胞療法とは

がんは遺伝子の異常で発症し、免疫細胞の減弱で増殖します

人間の細胞はおよそ60兆個あると言われています。その細胞は常に分裂を繰り返して、新しい細胞と入れ替わっていきます。しかし、その細胞分裂の際にミスコピーが起きて遺伝子配列が狂った(遺伝子が病気になった)細胞こそががん細胞です。発生した小さながん細胞は通常、人間が持つ免疫細胞の働きによって死滅します。しかし、加齢やストレス、生活習慣などよって免疫細胞が衰えた時にがん細胞が活発化し、増殖して大きな塊のがんとなるのです。

がん治療法 免疫細胞療法

免疫細胞療法によって、免疫機能を健康だった時の状態に戻します

免疫細胞療法は、がんの標準治療に次ぐ第四の治療法として期待されています。がんという病気は免疫細胞が弱ってがんの細胞が増幅している状態ですから、その免疫機能を正常に元気にして、がん細胞の攻撃力を復活させるという治療法です。
がん細胞は、免疫力という体内の高度な防衛機能をくぐり抜け大きくなっていきます。ですからその根本原因である免疫機能の再構築が、がんという病気を治すうえで非常に大切になります。

新型ワクチン「エイビーバックス」とは

患者様自身の血液から作ったワクチンです。
血液中の単球を未分化のまま大量に増幅させてから、未熟な樹状細胞に分化させ、それにがん細胞目印を取り込ませた樹状細胞へと培養し、ワクチン化したものです。
がん細胞を攻撃することのできないT細胞に、この樹状細胞ががんの目印をT細胞に伝える役割をします。T細胞は活性化し、キラーT細胞となります。
このキラーT細胞が司令塔となり、がん細胞を攻撃することができるのです。

新型ワクチン「エイビーバックス」の主役、『樹状細胞』の働き

「エイビーバックス」治療方法

エイビーバックスによる治療法は患者様の身体的負担が少ないのが特徴です。
わずか25ミリリットルの血液を採血するだけで2週間後にはワクチンの投与を行うことができます。治療は5回投与でワンクール。ワクチンを皮膚に投与すると同時に、2週間後のワクチン用の採血を行います。
また、採血した血液からナチュラルキラー細胞(NK細胞)も培養できます。NK細胞は、体内をパトロールし、異物に出会うと攻撃します。そこで、大量に増殖・活性化させたNK細胞を投与する『活性NK細胞療法』同時にハイブリッドで行います。
NK細胞の投与は点滴で行い、30分ほどです。
つまり患者様は2週間に1度来院頂き、採血と投与を行わせて頂くだけですので、心身的にも時間的な負担も少なく、副作用もほとんどありません。通常に生活を行いながら治療を行なっていただけます。
エイビーバックスの効果はゆっくりと表れ、長く継続いたします。
終了後、3ヶ月経ってから画像診断より効果を測定いたします。

新型ワクチン「エイビーバックス」治療の流れ

どのような部位でも、どのようなステージでも治療を行えます

患者様の血液から作る「エイビーバックス」による免疫療法は、どんな部位のがんでも対象にでき、副作用もほとんどありません。また、あらゆる他の治療法とも併用できるという利点があります。また、エイビーバックスの効果は長く持続するという利点もあります。
患者様の細胞に合わせて患者様自身の血液で作ったワクチンですので、それぞれ違った患者様一人一人のがんへの個別治療であることは、重要なポイントです。

副作用が少なく、時間的拘束も少ないため、QOLを高めることができます。

ページトップへ