がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会

ハイブリッド免疫療法とは

免疫には主に2通りあります。

    1. 予防接種のように、攻撃対象を記憶させる事で得る免疫「獲得免疫」
    2. 異物なら何でも襲撃する生来の仕組み「自然免疫」

当院が採用しているガン免疫療法は、獲得免疫で特定のがんを攻撃する「他価樹状細胞ワクチン療法(エイビーバックス)」と、自然免疫を活性化する「活性NK/NKT/γδT細胞療法」です。

患者様に合わせ、こちらをハイブリッドに組み合わせて治療を行っています。いずれの治療方法も、正常細胞は破壊せず、がん細胞だけを狙い撃ちする「分子標的療法」です。
患者様ご自身の免疫力によって細胞レベルでがんを攻撃するため、副作用はほとんどなく、QOL(生活の質)を維持したまま治療を続けることが可能です。

ハイブリッド免疫療法の図

多価樹状細胞ワクチン療法

2週間ごとに少量の採血と、ワクチンの皮内注射を受けていただきます。

当院では、一回ごとに患者さまの血液を25ml採取し、単球という細胞を分離し、増殖させてから大量の樹状細胞を培養していきます。
そこに、患者さまご自身のがん組織や人工抗原(長鎖ペプチド)でがん抗原を取り込ませ培養していくことで、「エイビーバックス」多価樹状細胞ワクチンを完成させます。
それをがん患部に関連したリンパ部近くに皮内注射して、キラーT細胞に加え、ヘルバーT細胞にがんの目印の情報を伝え、がん細胞を攻撃させます。
1クールの治療期間は3ヶ月となり、患者さまは2週間毎に採血とワクチン投与を6回受けていただきます。

多価樹状細胞ワクチン療法の図


単球そのものの増殖を含む特許技術で、わずかな採血量から十分な量の質の樹状細胞ワクチンを製造します。

「活性NK/NKT/γδT細胞療法」 とは

人の体の中では、がんの殺し屋と呼ばれる「ナチュラルキラー細胞(NK/NKT細胞)」や「ガンマ・デルタT細胞(γδT細胞)」が活動しています。
これは自然免疫と呼ばれるもので、前肢をくまなくパトロールし、がん細胞や悪性化しそうな異常細胞を一斉攻撃します。

「活性NK/NKT/γδT細胞療法」では、患者さまの体内からこのNK/NKT/γδT細胞を取り出し、体外で大量培養・高活性化して再び体内に戻します。
がんと十分に闘えるだけ自然免疫力を増強させる治療方法です。

「活性NK/NKT/γδT細胞療法」治療方法

通院での治療が可能です。
2週間ごとに少量の採血と、活性NK/NKT/γδT細胞の点滴を受けていただきます。

活性化されたNK/NKT/γδT細胞は、血液の流れにのって全身を巡り、がん細胞を発見すると直ちに攻撃して襲撃します。
手術などで取りきれなかったがんや、転移、見つけにくい微細ながんを直接攻撃します。
また活性NK/NKT/γδT細胞は、再発を防止する目的でも効果を期待できます。
副作用はほとんどありません。

「活性NK/NKT/γδT細胞療法」の図

ページトップへ