がん手術・抗がん剤・放射線と併用する免疫療法
赤坂腫瘍内科クリニック 医療法人健若会


1、ある病院でがんと診断されました。
まだ、頭がパニックなのですが、とにかく色々調べて自分の合う治療法を探したいと思っています。
まずは、セカンドオピニオンとしてご相談したいのですがどうしたらいいのでしょうか?必要なものはありますか?

そうですか、それは色々とお悩みでしょうね。でも、まずはゆっくりとお話させてください。
がん細胞はみなさんの体の中にあります。ある日突然色々なことが原因でがん化してしまうのです。
今は様々な治療法が開発されています。色々な治療法からあなたにあった治療法を探し、完治を目指しで一緒に考えて行きましょう。
もし、今、何か検査結果や病院から受け取ったものがあれば持ってきていただければと思います。なければ大丈夫です。予約をして頂き、まずはお話しましょう。

2. 免疫細胞療法はどういった治療ですか?

なかなかまだ知らない方もいらっしゃいますが、
現在ではたくさんの患者さんが治療されてきた治療法で、患者さん自身の細胞を使って作製したワクチンを使うため、
身体にやさしい副作用の少ない治療法です。診察から、治療も含めて1時間程度で終わる通院で行える治療です。
患者さんの血液を採取し、免疫細胞を分離します。分離したリンパ球を特殊な方法で刺激して細胞の数を増やし、
癌細胞を直接攻撃できる力を持っている「免疫細胞」を人工的に増やし、
その増やした免疫細胞を点滴で患者さんの体内に戻し、がん細胞に対する免疫力を高めます。
そして、その免疫力ががん細胞と戦う力になるのです。

3. 免疫細胞療法はどんな癌でも治療を受けられますか?

はい、基本的にはどんながんでも治療は受けられます。
がんは細胞ががん化したということは同じです。
しかし、お一人お一人症状も、内容も様々です。
感じ方もみなさま違います。
症状によっては、免疫細胞の培養が困難な場合があります。
また血液疾患などの患者さんにつきましては、治療を受けていただけない可能性もあります。

4. 免疫細胞療法は副作用がないと書いてありますが本当ですか?

そうですね。基本的には副作用はほとんどありません。
しかし、やはりも同じで症状や体質によって多少異なりますが、
発熱する人や少しのかゆみやかぶれがでる場合もごく稀にあります。
しかし、もしそんな場合でも一緒にご相談しながら解決して行きましょう。

5. 保険は適用されますか?

残念ながら、免疫細胞療法は、まだ保険適用にはなっていませんので、公的保険は利きません。
もっと多くのみなさまにご使用頂け多くの方のがんが改善されることを目指します。

6. 手術後なのですが先進医療は受けれらますか?

(先日手術を受けました。再発リスクを下げるためできることはやりたいのですがいつから受けられますか?)
2週間ごから受けられます。私たちはまさしく、手術後の免疫力低下を改善することも目指しています。
そして、当クリニックは再発防止治療に力を入れています。がんにならない体作りを行なって行きましょう。是非ご相談ください。

ページトップへ